小規模企業共済で退職金を作る

個人で事業を行っている方は、小規模企業者であれば加入できます。

「小規模企業共済」は、中小企業基盤整備機構が運営する、小規模企業の個人事業主、共同経営者または法人(会社など)の役員を対象とした「退職後の生活の安定や事業の再建を図ることを目的とした資金」を準備するための共済制度です。

いわば経営者の退職金共済制度といえるものです。

 「小規模企業共済制度」は、中小企業基盤整備機構が運営する、小規模企業の個人事業主、共同経営者または法人(会社など)の役員を対象とした「退職後の生活の安定や事業の再建を図ることを目的とした資金」を準備するための共済制度です。いわば経営者の退職金共済制度といえるものです。

 また、「中小企業退職金共済制度」は、勤労者退職金共済機構が運営する中小企業の従業員を対象とした退職金共済制度です。

「中小企業退職金共済制度」の詳細については、中小企業退職金共済事業本部のホームページを参照してください。

■ 小規模企業共済に加入出来る人

 次に示すように、個人事業主の方、共同経営者の方または法人(会社など)の役員の方で、ある一定の条件を満たす方が加入できます。

・建設業、製造業、運輸業、不動産業、農業などを営む場合は、常時使用する従業員の数が20人以下の個人事業主または法人(会社など)の役員  

・商業(卸売業・小売業)、サービス業を営む場合は、常時使用する従業員の数が5人以下の個人事業主または法人(会社など)の役員

当然、一人親方の皆さんも、条件を満たせば加入できます。