国の保険だから加入しても安心です!

修業が終了して独立されたばかりの一人親方は、 お仕事を請け負いしているでしょうが万が一事故でケガをしてしまっても労災保険が適用されません。 高額な治療費を自己負担しないといけませんが、 そんなときは一人親方特別加入制度をご活用してみてください。

一人親方特別加入制度は労災特別加入団体を介して特別加入のお申込みをします。 特別加入が認められれば作業中や通勤中の事故でケガをしてしまっても治療費はすべて補償してくれます。 一人親方は毎月月給を貰えるサラリーマンではないので、 もしケガで入院してお仕事が出来なくなると収入がなくなってしまいます。 ですが休業補償が付いているので、休業を余儀なくされても補償が受けられます。

基礎日額に応じてお支払いする年間保険料と受け取れる休業補償が変わります。 基礎日額が多いほど年間保険料や休業補償が多くなります。 ケガで障害が残ってしまった場合は障害年金を、死亡されたときは遺族補償や、お葬式を執り行った時は葬祭費用も受け取れます。 保険料はお得な設定になっているのに、充実した補償が受けられるのが魅力の一つです。

一人親方が作業中にケガをされるとお仕事を発注した会社に、安全配慮義務違反や不法行為責任が問われかねませんが、 一人親方特別加入制度を活用していると会社にそのようなリスクが無くなり安心感が出るため、一人親方の仕事も増えることが期待できます。

労災特別加入団体は労働局から認可を受けておりますし、国の保険だから加入するにも安心です。