製造工場のボイラー取替工事中にスレート屋根を踏み抜き転落

【労災発生状況】

製造工場のボイラーの取替え工事で発生しました。

 被災者の所属する会社は、既設の炉筒煙管式ボイラー2基を撤去して小型多管式貫流ボイラーを設置する作業を3次下請けとして請け負った一人親方です。

  作業工程としては次のようなものです。

[1] 既設ボイラー1基の煙突撤去

[2] ボイラー本体および煙管の解体撤去

[3] ボイラー基礎部の解体、清掃

[4] 新設ボイラーの基礎作り

[5] 小型ボイラー2基の設置

[6] 足場を組んで配管等の工事

[7] 足場の解体

[8] 電気工事

[9] 保温材等の取り付

[10] 試運転

[11] もう1基の既設ボイラー解体  当日は作業の初日で工程のうち[1]から[3]までを行う予定でした。

 当日は、繊維会社の担当課長、新設するボイラーメーカーの営業所長、1次下請の社長、下請け業者の作業者などが、午前8時30分頃からそれぞれの分担した作業を開始しました。

 午前9時30分頃、溶断した煙突を移動式クレーンでつり上げようとしたところ、煙突を固定していた屋根上の鉄板が溶接されていたためつり上げられませんでした。

 そこで、被災者と同僚で煙突の周囲の鉄板を溶断しましたが、まだ鉄板が引っかかっていたので屋根上に被災者が上り貫通部分をさらに細かく溶断することとしました。

 この作業は、ボイラー室屋根がスレートで葺かれていたので、屋根に歩み板を敷いて行いました。

 歩み板を敷く時にスレート屋根の一部を損傷したことを午前の休憩時間中に1次下請の社長に話したところ、本日中の修復を指示されました。

被災者と同僚は移動式クレーンによる煙突の撤去が終わった午後4時30分頃から屋根に上がって修復の方法を相談し、同僚が作業に必要な道具を取りに地上に戻りました。

被災者は歩み板を取るためにスレート屋根の上を歩いていたとき、スレート屋根を踏み抜き屋根上に残っていた鉄板(85cm×90cm×3cm、質量20kg)とともに5m下の床まで墜落ししました。