労働者か請負人かを見分ける方法は。

建設労働者を社会保険などに確実に加入させるためには、労働者か請負人かを正確に把握しておく必要があります。

しかし、建設工 事に従事している人びとが、労働者として働いているか、請負人の立場で働いているかを見分けることは困難です。

とくに建設業の場 合、働いている人自身も自分がどの立場で働いているか不明な場合が多く、施工体制台帳や再下請負通知書の作成にあたって混乱 が生じます。

そこで、労働者か請負人かを本人と直接面談または書面などで確認する方法があります。

国土交通省では、労働者か請 負人かを判断するためのチェックシート等を掲載したリーフレットを作成しています。